中古だからのメリット

コピー機中古コピー機の購入メリットとして、自社の資産になるところがあげられます。売ることができますし、必要なスペックが出た時には、購入し変えるという選択肢が生まれてくるからです。

イニシャルコストとして考えた場合、リースやレンタルといった選択肢のほうが有効性は高いでしょう。自社資産ではないため、経費処理も可能です。ところが、トータルしたコストを考えると、非常に高額になっていることに気が付かなければいけません。金利分の上乗せだけではなく、リースやレンタルしている企業の利益を上乗せして支払わなければならないからです。結果的に大幅な損失になるでしょう。必要なスペックが出てきたときに、交換は簡単ではなくなります。リース契約は中途解約ができませんし、レンタルとなっても、必要なものが借りられるかわかりません。

中古コピー機の場合、イニシャルコストは新品よりも安くなり、いざというときに交換もできます。ランニングコストを考えても、必要なトナーや紙代に絞り込むことが可能です。メンテナンスの費用は必要になりますが、これも最小限に抑えられるでしょう。不要になれば売れることの大きな意味がありますので、コピー機が必要になったときには、十分に検討していくべきでしょう。

『参照HP』中古コピー機購入 – OAランド


機能を使うのか

お財布起業するときによく悩むのが、オフィス機器の導入です。とにかく大きな費用がかかるため、大きな負担になるのは間違いないでしょう。実際に経営も考えれば、かなりの金額が必要になる時期です。必要なのはわかっていても、できるだけ抑えていかなければいけないでしょう。

コピー機は必須であることはわかっていても、費用はできるだけ抑えたいのが当然です。そこで選択肢になってくるのが、中古コピー機になるのは間違いありません。中古コピー機は、イニシャルコストを抑えられる方法です。金額は新品に比べて大幅に下がります。機能的に新品に比べると見劣りする分があるのは間違いありません。最新の機能は当然ないでしょう。しかし、その大半を使うのかということになってくると、ほとんどの場合には必要がありません。コピーができればそれで問題がないといった場合が大半ですが、そんな時に新品を購入して最新の機能を必要とすることはまずないでしょう。もちろん、どれぐらいの頻度で使用するのかといった問題はあります。あまりに頻繁に使用するのであれば、ランニングコストもありますし、故障といった問題もついてくるため、新品が向いている可能性もあるでしょう。大事なこととして、中古コピー機の場合には、自社所有の資産となります。もしも必要な時には、売って購入し直すという選択肢も考えられるのが、中古コピー機のメリットになるのです。


中古コピー機の費用

コピー機IT化が進む中でも、紙媒体の書類はなくなるわけではありません。さまざまなものが存在し、コピーを取ったりすることもあるでしょう。企業にとっては、今でもコピー機は必須の存在です。あって当たり前であり、ないと非常に不便な想いをすることも出てきます。今では、パソコンとつなげてプリンター代わりに使ったりすることも出てくるのですから、再び必須の存在と変わりました。

ですが、購入すればお金がかかることは間違いありません。そこで、選択肢になってくるのは、中古での購入でしょう。コピー機のイニシャルコストを大幅に落とすことができる方法です。実際に新品の購入やリース、レンタルといった方法が考えられますが、効果的なのは中古コピー機のほうにあるからです。もちろん、使用用途によっては、新品での導入を考えるべき場面もありますが、コピー機として使うのであれば、中古コピー機は、高いコストパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。必要な機材はいろいろあるもので、コピー機だけでもコストを抑えられるのであれば、大きな効果も発揮できるでしょう。

オフィス機器は、自社の所有にしておくという方針の場合にも、中古コピー機の購入はぴったりの選択です。新品に比べると購入費用を大きく下げることができるからです。レンタルやリースといった方法に比較してもメリットが生まれてくるでしょう。特にトータルコストを計算するとはっきりと見えてくる部分です。他にもメリットがありますので、参考にしながら経営にプラスとなる中古コピー機を考えてみてはいかがでしょうか。