お財布起業するときによく悩むのが、オフィス機器の導入です。とにかく大きな費用がかかるため、大きな負担になるのは間違いないでしょう。実際に経営も考えれば、かなりの金額が必要になる時期です。必要なのはわかっていても、できるだけ抑えていかなければいけないでしょう。

コピー機は必須であることはわかっていても、費用はできるだけ抑えたいのが当然です。そこで選択肢になってくるのが、中古コピー機になるのは間違いありません。中古コピー機は、イニシャルコストを抑えられる方法です。金額は新品に比べて大幅に下がります。機能的に新品に比べると見劣りする分があるのは間違いありません。最新の機能は当然ないでしょう。しかし、その大半を使うのかということになってくると、ほとんどの場合には必要がありません。コピーができればそれで問題がないといった場合が大半ですが、そんな時に新品を購入して最新の機能を必要とすることはまずないでしょう。もちろん、どれぐらいの頻度で使用するのかといった問題はあります。あまりに頻繁に使用するのであれば、ランニングコストもありますし、故障といった問題もついてくるため、新品が向いている可能性もあるでしょう。大事なこととして、中古コピー機の場合には、自社所有の資産となります。もしも必要な時には、売って購入し直すという選択肢も考えられるのが、中古コピー機のメリットになるのです。