コピー機中古コピー機の購入メリットとして、自社の資産になるところがあげられます。売ることができますし、必要なスペックが出た時には、購入し変えるという選択肢が生まれてくるからです。

イニシャルコストとして考えた場合、リースやレンタルといった選択肢のほうが有効性は高いでしょう。自社資産ではないため、経費処理も可能です。ところが、トータルしたコストを考えると、非常に高額になっていることに気が付かなければいけません。金利分の上乗せだけではなく、リースやレンタルしている企業の利益を上乗せして支払わなければならないからです。結果的に大幅な損失になるでしょう。必要なスペックが出てきたときに、交換は簡単ではなくなります。リース契約は中途解約ができませんし、レンタルとなっても、必要なものが借りられるかわかりません。

中古コピー機の場合、イニシャルコストは新品よりも安くなり、いざというときに交換もできます。ランニングコストを考えても、必要なトナーや紙代に絞り込むことが可能です。メンテナンスの費用は必要になりますが、これも最小限に抑えられるでしょう。不要になれば売れることの大きな意味がありますので、コピー機が必要になったときには、十分に検討していくべきでしょう。

『参照HP』中古コピー機購入 – OAランド